【欧米輸入】 新規商品の商品コンテンツを作成するタイミング

商品コンテンツ活用してますか?

売上が明らかに変わりますので、

やらないよりはやった方が良いです。

 

とは言っても、

全ての新規カタログ商品に対して、

作成していったら、

結構な手間ですよね。

 

 

ということで、最近の僕のパターン。

 

10種類の新規商品ページを作成する。

この時点では6割くらいのレベル。

※出品点数はすべて1点のみ

売れる。

※つまり欠品となります。

即追加オーダー。大体3個~5個

到着タイミングで、画像追加。

商品コンテンツ追加。

ページを10割まで引き上げます。

そして、商品が1個でも売れたら更に追加。

 

 

こんな流れです。

(あくまでもオーソドックスなパターン)

 

恣意的に追加タイミングをずらしたり、

追加個数を調整することもありますが、

その辺は深い話になりますので・・・

 

 

 

商品画像を別途撮影するときですが、

自前でやっても良いですが、

面倒な方は専門の会社に任せてみてください。

 

 

欧米輸入の新規商品で、

モデル使って撮影している人なんていないですよね!

 

でも誰もやっていないからこそ、

やった商品は光ります。

 

 

もちろん!

ある程度の参入障壁を設けないと、

撮影代が勿体ないことになっちゃいます。

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

ポチっとね!

 

 

 

 

編集後記

土日完全休みのサラリーマンの方に比べると、

確実に仕事量が多いです。

別に仕事が嫌いではないですが、

これってどうなんだろう・・・

とふと考えてしまいます。

 

その要因の一つが、

土日に対面コンサルを行うケースが多く、

普通に仕事となってしまいます。

 

子供との時間が削られるのは嫌なので、

来期以降はコンサル自体を縮小しようかなと

考えております。

 

教えること自体は好きなので、

継続はしますが、

人数は今年の半分くらいにしようかな・・・

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :