【国内】卸業者の開拓 闇雲に攻めるよりは取っ掛かりがあった方が良い

5月度は新規の卸業者を2社ほど開拓しました。

1社は普通にネットより、

1社はアプローチ先からのご紹介です。

 

ネットから探し出した場合、

取っ掛かりのブランド(商品)が何もないので、

正直リサーチがやり辛いです。

 

逆にアプローチ先からご紹介された場合は、

ベースの商品が多少はありますので、

まずはそちらをチェックすることで、

リサーチが進みます。

 

 

こんな感じで進めると良いですね。

 

メーカーへアプローチ

問屋を紹介される

問屋へアプローチ(メーカーから紹介されたという)

取引OK・条件確定

一番最初のメーカーが儲かるかチェック

同時にそのメーカー商品を扱っているセラーをチェック。

※要はその問屋で仕入ているセラーをチェックする

上記作業で見つけたセラー商品を、

問屋のサイトで調べ上げていく。

 

 

こんな感じ。

 

メーカーに比べると、

商品SKUが多いので、

ツール関係や外注関係がある程度固まった上で、

取り組んだ方が効率的です。

 

 

受ける印象は人それぞれですが、

多分メーカー直取よりも、

簡単に感じる人が多いかもしれません。

 

僕的にはあんまり問屋仕入れは好きではないかな。

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

 

【編集後記】

最近仮想通貨関連の迷惑メールが異様に多い!

その前は、メタボ関連とか仮性●●とか(笑)

一体何の情報をベースに送ってきているのか、

不明ですが、そこそこの精度(対象が合ってる)

なのがちょっと怖いです。

 

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 国内取引   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :